CUSTOMER DISPLAY

遇到“你”最好的时光才开始

您的位置:主页 > 新闻动态 > 行业资讯 >

山賀琴子、プチ整形を報告「長年のコンプレッ

发布时间:2021-06-05 14:52
モデルでクリエイティブディレクターの雅马哈春子が2日、自身のYouTubeチャンネルを更新。プチ整形をしたことを報告した。


山賀琴子、エラボトックス注射の様子を公開「【プチ整形】ついに長年のコンプレックスを解消…【小顔】」と題した動画で、山賀は人生初のプチ整形としてエラボトックス注射をしてきたことを告白。「やるって至るまでに色々葛藤があったんですけど…」というが結果的にコンプレックスを解消できたことを明かしている。
山賀琴子 (C)モデルプレス山賀琴子 (C)モデルプレス動画ではクリニックで医師から丁寧に効果や副作用の可能性なども説明を受け、実際に注射を受ける様子に密着。
エラボトックスはエラの咬筋(こうきん)を麻痺させ萎縮させることで小顔効果が期待できるもので、山賀の場合最大1センチ顔が小さく、効果の持続期間は個人差ありで8ヶ月ほど。費用は計2回の注射で149,600円だったという。
山賀琴子 (C)モデルプレス山賀琴子 (C)モデルプレス注射から1ヶ月後、山賀自身は「元々食いしばりが強くて張ってたので食いしばりがなくなったので楽になりました」と実感をコメント。自身では見た目として実感は薄いようだが、「写真に撮ると顔が痩せた感じになるかなと思いました」と話し、周りから「痩せた?」「顔が小さくなった?」と言われることが増えたと報告した。
Instagramのストーリーズでは同じ角度のビフォーアフター写真をいくつか並べ、比較。「人前に出てからずっとずっと沢山言われてきたコンプレックスに対してついに…プチ整形といわれるものをしました!自分はしない!ありのままで!って考えだったんだけどやっぱりして良かったと思います」と現在の心境をつづり、「前の方が良かったというお声もいただきますが…私自身が満足している、これが一番やってよかったと思う理由です」と結果に満足しているようだ。(modelpress編集部)